腕時計専門店 LUSSO(ルッソ)

  1. トップ
  2. オーバーホールが必要な理由

オーバーホールが必要な理由

機械式時計もクオーツ時計も、ながく使っていると部品が劣化します。
時計を常に良好な状態に保つためには、分解掃除(オーバーホール)が必要となります。

時計の劣化の影響

機械式時計もクオーツ時計も、ながく使っていると、機械体部品の摩耗や潤滑油の劣化が起こります。

機械式時計

機械式時計はぜんまいが解ける強い力を伝えながら運針するので、潤滑油の劣化や部品の摩耗が起こり、そのまま長期間放置すると制度が悪くなったり、通常より早く止まるようになります。

機械式時計の「てんぷ」という部品は、1日に数10万回、1年間で数億回も往復回転運動をしていますので、潤滑油の劣化・乾燥は避けられません。

クオーツ時計

クオーツ時計も、同様に潤滑油の劣化や部品の摩耗が起こり、そのまま長期間放置すると通常より早く止まるようになってしまいます。
「電池交換をしても動かない」、「電池寿命が急に短くなった」こんなときは分解掃除(オーバーホール)が必要です。

分解掃除(オーバーホール)の必要性

分解掃除(オーバーホール)でベストコンディションを保ちましょう。

分解掃除(オーバーホール)は、時計の健康診断のようなものです。
時計内部の保油性やネジのゆるみ、汚れや汗によるさび、ケース内部の腐食などについても早めのチェックとケアが必要です。

分解掃除(オーバーホール)をすることで、故障の原因となる目に見えない部分の汗や汚れを取り除き、摩耗した部品や、防水性を保つために不可欠なパッキン類を交換し、お買い上げ時の快適な状態に戻すことができます。

新品は最初の分解掃除が重要

機械式時計は、特に新品のときは摩擦による潤滑油の汚れや細かな金属粉が出やすい時期であるため、最初の3年目の分解掃除(オーバーホール)はその後永く使う上でとても大切です。

トップページへ戻る